医学書のことならお任せください

日本医書出版協会認定
医学書専門店

営業時間

10:00-19:00
(平日)
11:00-19:00
(日・祝祭日)

定休日なし(臨時休業有・お盆・年末年始等)

山形市大野目3-1-17

電話023-631-6001

FAX023-632-1168

高陽堂書店ロゴ
カートを見る 0
0円

現在カート内に商品はございません。

トートラ人体解剖生理学 原書11版

佐伯由香・細谷安彦・高橋研一・桑木共之・編訳

出版社

丸善出版

発行日

2020/08/30

判型

B5

ページ数

670

ISBN

978-4-621-30539-3

本体価格 6,900円
(税込価格 7,590円)
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
【目次】
1章 人体の成り立ち

2章 化学概説

3章 細 胞

4章 組 織

5章 外皮系

6章 骨格系

7章 骨の連結

8章 筋 系

9章 神経組織

10章 中枢神経系,脊髄神経と脳神経
【記事】
ヒトのからだを単なる部品の寄せ集めではなく全体として理解できるよう工夫。「よくみられる病気」、「臨床関連事項」、「クリティカルシンキングの応用」も充実。これにより学習した解剖生理学の知識を疾患や臨床に結びつけ、応用力を養えるよう構成。医療従事者がヒトのからだを理解することは重要だが、直接みえないものの理解は難しい。人体解剖により通常では直接みえない筋肉や内臓の構造、神経や血管の走行を理解できても、各器官の連携は頭の中で知識を整理し統合しなければならない。本書は、その知識の整理と統合が容易にできるよう、簡潔にわかりやすく記載。イラストはカラーでわかりやすいのはもちろん、各解剖図が全体のどの部分を示し、どの方向からみた図なのかわかるようになっており、初めてみる図でも容易に理解できる。各系統器官の働きの解説だけでなく、ホメオスタシス(恒常性)の維持への関わり、他の器官との連携についても記載。

カテゴリ一覧

ページトップへ