医学書のことならお任せください

日本医書出版協会認定
医学書専門店

営業時間

10:00-19:00
(平日)
11:00-19:00
(日・祝祭日)

定休日なし(臨時休業有・お盆・年末年始等)

山形市大野目3-1-17

電話023-631-6001

FAX023-632-1168

高陽堂書店ロゴ
カートを見る 0
0円

現在カート内に商品はございません。

実験医学 Vol.40/No.15[増刊号]自己免疫疾患 層別化する新時代へ

出版社

羊土社

発行日

2022/09/15

ISBN

978-4-7581-0405-0

カテゴリ
本体価格 5,400円
(税込価格 5,940円)

出版社の在庫状況により、
お取り寄せできない場合がございます。

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
【目次】
序にかえて─拡がる免疫学のフロンティア

第1章 精密医療を目指したマルチオミクス解析によるアプローチ
 1.免疫担当細胞のトランスクリプトームとゲノムからの自己免疫疾患の層別化
 2.ヒト・微生物のゲノム情報から自己免疫疾患を紐解く
 3.東アジア人・日本人特異的自己免疫疾患遺伝素因【
 4.メタゲノム解析からの層別化医療への展望
 5.分子的寛解を基盤とした関節リウマチの層別化医療
 6.イムノフェノタイピングによる自己免疫疾患の層別化医療
 7.ミトコンドリアによる炎症制御と自己免疫疾患
 8.遺伝性免疫疾患研究から展開する精密医療

第2章 自己免疫疾患の基盤メカニズムの最新知見
 1.中枢性免疫寛容と自己抗原多様化機構
 2.末梢性免疫自己寛容と自己免疫疾患
 3.免疫チェックポイント分子と自己免疫
 4.免疫寛容の分子基盤とその破綻による疾患
 5.ヒトT follicular helper細胞の分化,成熟,機能維持機構
   ―ヒト自己免疫疾患治療ターゲットとしての考察
 6.自己免疫疾患におけるperipheral helper T細胞を起点とした末梢組織の獲得免疫
 7.自己免疫疾患におけるメモリー様B細胞制御
 8.ゲートウェイ反射による自己免疫疾患の制御
 9.疾患特異的マクロファージの機能的多様性
   ―線維化にかかわるマクロファージと非免疫系のクロストークの研究
 10.多様な疾患におけるILC2の役割
 11.自己免疫疾患の治療標的分子としての転写因子IRF5
 12.免疫寛容の破綻による自己抗体の新たな産生機構

第3章 自己免疫疾患の特異的病態経路の解明

カテゴリ一覧

ページトップへ