医学書のことならお任せください

日本医書出版協会認定
医学書専門店

営業時間

10:00-19:00
(平日)
11:00-19:00
(日・祝祭日)

定休日なし(臨時休業有・お盆・年末年始等)

山形市大野目3-1-17

電話023-631-6001

FAX023-632-1168

高陽堂書店ロゴ
カートを見る 0
0円

現在カート内に商品はございません。

Allos ergon Vol.2/No.1[3月号]上皮細胞と免疫細胞のクロストークに着目して

出版社

クリニコ出版

発行日

2022/03/30

ISBN

978-4-910396-20-0

本体価格 2,800円
(税込価格 3,080円)

出版社の在庫状況により、
お取り寄せできない場合がございます。

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
【目次】
特集 アレルギーの主役?脇役?:
   上皮細胞と免疫細胞のクロストークに着目して

総説 炎症の起点としての上皮細胞

1.皮膚科領域(1)
 TSLP、IL-31などとアトピー性皮膚炎
2.皮膚科領域(2)
 皮膚のIL-25, IL-36などの解析
1.呼吸器領域(1)
 TSLP、ILC2と気管支喘息
4.呼吸器領域(2)
 真菌による上皮と免疫系のクロストーク
5.呼吸器領域(3)
 エクソソームによる気道上皮と免疫系のクロストーク
6.消化管領域(1)
 腸管上皮とマスト細胞のクロストーク
7.消化管領域(2)
 腸管上皮と免疫系のクロストーク
8.眼科領域(1)
 TSLP, IL-33, IL-25とアレルギー性結膜炎
9.眼科領域(2)
 上皮とアレルギー性結膜炎
10.耳鼻科領域(1)
 IL-33とアレルギー性鼻炎
11.耳鼻科領域(2)
 上皮と免疫系のクロストークと舌下免疫療法

連載
アレルギー診療をこれから始める(4)
 アレルギー性鼻炎の診断をどうするか
アレルギー診療における抗ヒスタミン薬・汎用薬を見直す(1)
 抗ヒスタミン薬の歴史と現代的意義
分子標的治療薬の新しい展開
 オマリズマブを用いた小児気管支喘息の治療

カテゴリ一覧

ページトップへ