医学書のことならお任せください

日本医書出版協会認定
医学書専門店

営業時間

10:00-19:00
(平日)
11:00-19:00
(日・祝祭日)

定休日なし(臨時休業有・お盆・年末年始等)

山形市大野目3-1-17

電話023-631-6001

FAX023-632-1168

高陽堂書店ロゴ
カートを見る 0
0円

現在カート内に商品はございません。

外来で始める在宅療養支援

永田智子・田口敦子・編著

出版社

日本看護協会出版会

発行日

2021/04/30

判型

B5

ページ数

120

ISBN

978-4-8180-2337-6

カテゴリ
本体価格 2,000円
(税込価格 2,200円)

出版社の在庫状況により、
お取り寄せできない場合がございます。

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
【目次】
I 外来での在宅療養支援で必要なことは何か
II 在宅療養支援が必要な患者を外来でどう見つけるか
III 外来での在宅療養支援の実際
【記事】
入院期間の短縮化に伴い、在宅で療養生活を送る通院患者も増えており、外来での支援がますます重要となっている。一方、外来では時間的な制約もあり、看護師が在宅療養支援を必要とする患者およびそのニーズに気づきにくく、たとえ気づいたとしても時間をかけて支援を行うことが難しい。また社会資源の導入が必要と判断されても、通常業務に含まれていないことから調整が困難な場合もある。
そのような現状から、外来で適切に在宅療養支援を行うために、外来看護師一人ひとりが力量形成を行うことの必要性や、在宅療養支援が必要な患者をどのようにして見つけるかなど、院内のしくみを整え、地域の関係職種等とも連携しながら進める支援の実際について対応事例を交えて提示する。

カテゴリ一覧

ページトップへ