医学書のことならお任せください

日本医書出版協会認定
医学書専門店

営業時間

10:00-19:00
(平日)
11:00-19:00
(日・祝祭日)

定休日なし(臨時休業有・お盆・年末年始等)

山形市大野目3-1-17

電話023-631-6001

FAX023-632-1168

高陽堂書店ロゴ
カートを見る 0
0円

現在カート内に商品はございません。

消化器内視鏡 Vol.33/No.2[2月号]ついつい教えたくなる,とっておきのコツ

出版社

東京医学社

発行日

2021/02/25

ISBN

978-4-88563-644-8

本体価格 3,200円
(税込価格 3,520円)

出版社の在庫状況により、
お取り寄せできない場合がございます。

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
【目次】
特集 ついつい教えたくなる,とっておきのコツ

I.咽頭
[挿入]
 ●苦しませない食道挿入法―下咽頭構造に応じた挿入軌道が大切―
 ●楽に喉を越える方法
 ●経鼻じゃなくてもオエッとさせません!
 ●開口障害での代用マウスピース
[観察]
 ●咽頭麻酔直前の1杯(水やガスコン®水)で咽頭観察スッキリ
 ●食道癌ハイリスク症例の内視鏡観察―口蓋・歯肉もみよう―
 ●反転も使おう経鼻口腔観察
 ●被検者とのちょっとした協同作業は内視鏡挿入・観察中の苦痛を軽減する
[治療]
 ●下咽頭ESDにも役立つトラクション法
 ●消化器内視鏡医はどこまで介入するのか―咽頭ELPS―
 ●咽頭ELPS時の口腔展開の工夫

II.食道
[観察]
 ●こうみる,食道入口部
 ●食道病変,見逃しを回避するには
 ●食道胃接合部はいつどうやって観察する?
[診断]
 ●食道癌の拡大観察―type B2の診断は血管分岐に注意―
 ●失敗しない食道生検
[治療]
 ●食道静脈瘤硬化療法―供血路を徹底して閉塞するコツ―
 ●誰でもできる食道ESD
 ●食道ESD―ハサミ型デバイスを使いこなそう―
 ●ベストマッチ―初学者でも楽勝! ハサミとトラクションを用いたESD―
 ●難治性食道癌術後吻合部狭窄はこうする!
 ●食道過蠕動で処置できないときどうする?

III.胃
[挿入]
 ●赤玉を作らない胃液吸引法とタイミング
 ●瀑状胃はこう挿入する
[観察]
 ●呼吸法や体位変換で体部大彎を観察する
 ●胃の観察は胃角から始める……赤松泰次
 ●Endocytoscopyによる超拡大内視鏡―成功させる秘訣―
 ●早期胃癌の境界がわかりにくく,同定しにくい場合には
   l-メントールを腫瘍自体にまくとよい!
 ●ゲップを抑えるSellick法! 治療にも使えます!
 ●知っておこう! 見落としやすい部位
 ●経鼻内視鏡,洗浄水は吸引ではなく体位変換で
 ●側視鏡,ERCP前でも食道や胃の病変を見逃さない
 ●左手の操作こそ達人への道―とにかく使える指は使おう!―
 ●ESD前にどうしてる?―他臓器腫瘍スクリーニング―
[診断]
 ●通常観察による胃病変の診断アルゴリズム
 ●内視鏡的萎縮境界診断のコツ
 ●H. pylori胃炎の診断法
 ●全症例に集中できません! 誰を選ぶ?
 ●胃内視鏡的切除を前提とした生検法
 ●自分で考えろ―胃病変における癌・非癌の鑑別診断―
[治療]
 ●誰でもできる胃ESD
 ●こうやりゃ回る,処置具!
 ●あなたは時計回し派,反時計回し派?
 ●フリ(やってる感)でフードをつけていませんか?
 ●輸入脚閉塞症はこう攻めろ
 ●一歩先を読む!―ESD介助者の心得―…
 ●穿孔・気腹時の腹腔穿刺……大木亜津子 ほか
 ●巨大穿孔(胃壁全層欠損)に対する閉鎖はこうやる
 ●全層切除はトラクションが鍵

IV.十二指腸
[挿入]
 ●オエッとしたらあと回しも一手―強弱をつけた観察―
[観察]
 ●スクリーニング内視鏡で十二指腸乳頭部腫瘍を見つけよう!
 ●下行部から水平部までみよう!
[診断]
 ●ちょっとよくみたほうがいい十二指腸ポリープ
 ●十二指腸潰瘍の白苔の診断
 ●十二指腸―生検してもよい腫瘍と避けてほしい腫瘍―
 ●内視鏡治療適応の判断は大きさ? 拡大観察?
[治療]
 ●十二指腸腫瘍に対する内視鏡治療では細径大腸スコープを使うとよい
 ●十二指腸でcold snare polypectomyをやってみよう
 ●パピレクをする前に,思い出すべきこと10カ条
 ●Underwater EMRはこうやる!
 ●ステント挿入―介助者との協同作業が成否を分ける―

V.胆膵
[挿入]
 ●穿孔させないERCPスコープ挿入のコツ
 ●側視鏡,うまく挿入するには?
[診断]
 ●Radial EUSによる胆膵描出法
 ●カニュレーション,一発で決めてこそプロ
 ●造影剤は,こう考えて入れるのだ!
 ●FNA,刺してからが勝負!
 ●コンベックス型の診断の基礎は,これ!
 ●胆膵EUS走査のスコープ操作は急がない
 ●ERCP―スコープ操作もカニュレーション操作も優しく―
[治療]
 ●ENBD,スコープは透視台の上へ抜け!……杉山政則 ほか
 ●胆膵内視鏡:決まった処置具に拘泥するな
   ―たかがガイドワイヤー,されどガイドワイヤー!―
 ●膵胆道へのアプローチは複数を習得すべし
 ●胆膵処置具,適材適所を知れ
 ●EST,すぐ切る前に!
 ●その石,割らなくて大丈夫?
 ●胆管ステントが進まないと思ったら?
 ●胆膵治療内視鏡時のトラブルシュートに備える
 ●胆道ドレナージ選択―ERCP? EUS? それともPTBD?―
 ●エース介助者のガイドワイヤー操作入門
 ●どこまで切っていいのかわからない!―傍憩室乳頭・憩室内乳頭EST―
 ●Uncovered stentの閉塞―ガイドワイヤーはJターンで挿入―

VI.小腸
[挿入]
 ●小腸鏡と大腸鏡の相違点は?
[観察]
 ●シングルバルーン内視鏡のコツ
 ●ダブルバルーン内視鏡のスコープバルーンの応用
 ●カプセル内視鏡読影―短時間で行うコツ―
[治療]
 ●目的別のフード選択が小腸鏡での治療成功の鍵

VII.大腸
[挿入]
 ●究極の軸保持短縮法マスター―物理現象を理解する―
 ●左側臥位から仰臥位へのタイミングはいつがベスト?
 ●先端フードの長さはどのくらいがよいの?
 ●細やかな腹部圧迫法を併用した大腸内視鏡挿入
 ●RSの越え方
 ●脾彎曲部は右側臥位で越えよ!
[観察]
 ●絶対見逃さない―ひだ裏観察のコツ―
 ●下行結腸の観察では仰臥位から右側臥位方向へ45度傾けるだけで管腔が膨らむ
 ●5mm以下の大腸ポリープ,見落としちゃダメなの?
[診断]
 ●拡大NBI/BLI&pit pattern―どう診断?―
 ●BLIとNBI―それぞれの特徴と診断のコツ―
[治療]
 ●上部消化管メインの内視鏡医でもできる大腸ESD
 ●Tip-in EMR―そのコツと適応―
 ●Underwater EMRの適応ととっておきのコツ

VIII.その他・全般
 ●Going my wayと強引にマイウェイの違い―チーム医療のススメ―
 ●検査好きの不定愁訴の患者への対応
 ●消化器内視鏡診療におけるPPEのあり方
 ●新型コロナウイルス飛沫感染対策
 ●観察内視鏡にて初学者から取り上げるコツは?
 ●変わりゆく内視鏡技術指導―厳しさから優しさへ―
 ●こだわらないことのススメ

カテゴリ一覧

ページトップへ