医学書のことならお任せください

日本医書出版協会認定
医学書専門店

営業時間

10:00-19:00
(平日)
11:00-19:00
(日・祝祭日)

定休日なし(臨時休業有・お盆・年末年始等)

山形市大野目3-1-17

電話023-631-6001

FAX023-632-1168

高陽堂書店ロゴ
カートを見る 0
0円

現在カート内に商品はございません。

看護必要度Q&A(第4版) -令和2年度改定に対応!基本から実践へ、ステップアップのための手引書-

田中彰子・筒井孝子・監・看護WiseClipper回答者チーム・編

出版社

オーム社

発行日

2021/02/10

判型

A5

ページ数

360

ISBN

978-4-274-22645-8

カテゴリ
本体価格 2,600円
(税込価格 2,860円)
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
【目次】
Step1. 令和2年度診療報酬改定内容について教えてください 
Step2. 看護必要度の概要を教えてください
Step3. 看護必要度の評価方法を教えてください
Step4. ABC項目の基本的な考え方について教えてください
Step5. 日常生活機能評価票の基本的な考え方を教えてください
Step6. A項目の個別評価は?
Step7. B項目の個別評価は?
Step8. C項目の個別評価は?
Step9. 日常生活機能評価の個別評価は?
Step10. その他の項目の個別評価は?
Step11. 看護必要度の評価の実践方法について教えてください
Step12. 看護必要度を活用したステップアップ方法について教えてください
付録
【記事】
医療提供、病院運営に必須の評価ツールの改訂版!
 「看護必要度」は、 提供した医療の結果やその根拠が評価されるツールとして開発が進められ、現在では施設基準の診療報酬上の要件としてだけでなく、看護配置や要員管理等、医療・看護の質を担保する意味でも有効な仕組みとなっています。
 診療報酬改定は基本的に2年ごとに実施され、看護必要度の係る施設基準等も見直しがなされます。令和2年度の改定では、「働き方改革」 を意識した大きな改定がなされ、病院の在り方に大きな影響を及ぼすものとなっています。
 本第4版では、こうした改定を受け、内容を一部刷新し、新たに発行するものです。

カテゴリ一覧

ページトップへ