医学書のことならお任せください

日本医書出版協会認定
医学書専門店

営業時間

10:00-19:00
(平日)
11:00-19:00
(日・祝祭日)

定休日なし(臨時休業有・お盆・年末年始等)

山形市大野目3-1-17

電話023-631-6001

FAX023-632-1168

高陽堂書店ロゴ
カートを見る 0
0円

現在カート内に商品はございません。

臨床免疫・アレルギー科 Vol.73/No.2[2月号]感染症研究の最前線

出版社

科学評論社

発行日

2020/02/25

カテゴリ
本体価格 3,000円
(税込価格 3,300円)
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
【目次】
特集1 感染症研究の最前線

 感染症の世界的動向

 わが国の薬剤耐性(AMR)対策アクションプランについて

 畜産・水産分野における抗生物質からの脱却

 インフルエンザワクチンの現状と今後

 寄生虫症の臨床・基礎研究の最近の話題



特集2 アレルギー疾患の発症における自然免疫システムの役割

 ゲノムワイド関連解析からみえた自然免疫関連分子のアレルギー疾患とのかかわり

 アレルゲンと自然免疫

 C型レクチンレセプターとアレルギー性気道炎症

 2型自然リンパ球とアレルギー炎症

 自然免疫におけるマスト細胞活性化の制御



総説

 アトピー性皮膚炎と母乳中DAMPs



話題

 エイズウイルスのRNA分解によるウイルス感染制御機構

 マラリア原虫の制御におけるCXCR4の役割

 わが国におけるデング熱ウイルス感染症の最近の動向



解説

 皮膚を循環するメモリーCD8+T細胞はケラチノサイト依存的な

  TGFβ活性化により医事される

 肥満の誘導における自然リンパ球の役割

 脂質受容体のクロスオトークによるリンパ内皮細胞間ジャンクション構造の制御

カテゴリ一覧

ページトップへ